Old Mac WGS9150

辞めた会社に預けてあったクアドラ950ですが、フロントパネル類とロジックボードをWGS9150/120のものと変えてあるので、オリジナルでは有りませんが、ほぼWGS9150/120となっています。20年ほど前に色々Old Macで遊んでいたので、どんな仕様にしたのか全く覚えていません。前回はCDからしか起動出来なかったので、じっくり点検して見ます。HDが二台入っていますが、どちらもマウントしません。HDを入れ替えようとしていたら、ロジックボード側に繋がっているHDに電源が入っていません。何故外れているのか分かりませんが、繋ぎ直してサイドキーボードのスイッチを押すと、あっさり起動しました。

MAC OS8.6で起動しましたね。システムプロフィールを見ると、CPUはG3の300MHz,SCSIカードはジャックハマー、システムディスクはシーゲートバラクーダ、ビデオカードはラディウスサンダーIVお宝満載です。

ジャックハマーに繋がっているIBMの9GBがマウントしないので、FWBのMOUNTERで認識しマウント出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Old Mac

次の記事

道の駅猪苗代