SE-GT100n改

ケンコーのアウトレットショップで購入した、SE-GT100nの改造がほぼ終わりました。

電視観望用に購入したので、ASI294MCでピントが合うことが必要です。そのままではバックフォーカスが足りないので、ドローチューブを撤去してさらに接眼部をカット。内径がM42のオスオスリングが挿入できるまで拡大し、リングをバスボンドで固定。それにBORGのM42ヘリコイドを取り付けました。T2オスネジなので、直接ASI294MCが取付けられます。T2-1.25アダブターを取り付けて、アイピースで眼視も出来る様にしました。

ファインダー台座をアリミゾに変更。斜鏡を本体から取り外して艶消し塗装としました。鏡筒本体に直接アリガタが取り付けられていますが、鏡筒の強度がないのでフラフラしてしまいます。鏡筒口径が140mmですが、このサイズの鏡筒バンドはすでに市場にない様なので、オークションで購入しmoreblueのアリガタを取り付けました。

本体の購入価格より遥かに改造費用が掛かりました。重量で100mF4.5は魅力です。

SE-GT100n改” に対して2件のコメントがあります。

  1. 太田 博 より:

    お世話になります。余っているSE-GT100Nを何とかASI294に接続できないか 考えていたら このHPに漂流しました。、
    ドローチューブを撤去してさらに接眼部をカット  (どの程度カットするのでしょうか)
    内径がM42のオスオスリングが挿入できるまで拡大し (M42側のオスオスリングの内径を拡大?して入れ込みボンドで固定)、そこに BORGのM42ヘリコイドを取り付ける すこしづつ理解できました
    さらに バンドとあり型をつける そうですか ASI294の重量は大したことはないですけど ここまで必要ですか  確かに 鏡筒アウトレット価格の4~5倍程度 費用が掛かってますね すごいです

    5cm程度輪切りにして 焦点を外に出そうかとも考えたのですが でも この方法がいいですね 考えてみます ありがとうございました

    1. yokomizo より:

      普段コメントがつかないので、拝見するのが遅くなりました。接眼部はプラスチック製なので、鏡筒から15mmの長さでカットし、紙やすりで内径を広げています。コマ収差と周辺減光が激しいので、斜鏡をワンサイズ大きなものに変えるか。(費用効果が。。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

SE-GT100N

次の記事