ふもとっぱら

ふもとっぱらキャンプ場に来ました。記憶を辿ると、最初に購入したトレーラーHOBBYで最初に来たキャンプ場です。あまり記憶にはありません。当時はそんなにメジャーでは無かったような気がしますが。

チェックインが8:30からなので、途中河口湖のマックスバリューに寄りつつ、鳴沢から71号線でふもとっぱらまで来ました。入り口ゲートを抜けると、写真でよく見る風景が広がります。

この辺りは、パラグラライダーが盛んな土地柄である通り、風の通り道です。風の遮るものがないので、そういう時は入り口付近の森の影辺りが良いのでしょうか。ふもとっぱらの広大な敷地と正面の富士山は確かに迫力があります。

敷地はよく見ると水捌けが悪そうなところや、傾斜が微妙にあるので給水位置とトイレ位置と相まって、どの辺りに設営するかはなかなか常連にならないと難しいですね。

今回は、最終日がイベント準備ということで、テントサイトが制限されていました。まあ、広いし平日なのでそれ程影響は無かったように思いますが。

キャンプに来る時は、電視観望セットを持参しているので、夜の天気は気になりますが、今回は曇りという事で。

 

このくらい広いと、べパストのFFヒーターを使っても気にしなくて良いのですが、隣のサイトと近い場合は、ヒーターの吸気音と排気音がテントキャンパーには迷惑でしょうね。トレーラーで使われるプロパン燃料のトルマのヒーターであればほぼ無音なのですが。長瀞辺りだと気を使います。

ふもとっぱらは、入り口通路と出口通路を分けて、帰りに出口側の通路を通りましたが、あまり路面状況が良くなくて、幅、傾斜角度、路面の凹凸などがあるので、大型のトレーラーはお尻を擦ったり曲がるのが大変そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ランタン