ウイスラースカイベース小諸

ウイスラースカイベース小諸に来てみました。小諸インター付近は、以前から湯ノ丸スキー場に来ていたので、多少の土地勘はありました。googlemapではまだキャンプ場ができる以前の状態しかわかりませんが、ネットの情報ではトレーラーを牽引している方もおられるので、大丈夫だろうと。

チェックインが13時なので、横川SAにて前泊です。駐車場所は多少大型車よりに置かないと、乗用車に囲まれて出れなくなる場合があるので、注意が必要です。

朝は、ゆっくり起床。横川SAからキャンプ場まで40分程なので、のんびりトレーラーの中で朝食を取りながら時間調整します。

小諸インターを出て、高峰高原方向に走って行きます。浅間サンラインを走り、トンネルを抜けて右折してアサマ2000スキー場方面に向かいます。

少し走ってから、住宅地の中を右折するのですが、ここが分かりにくいです。看板を出すのが難しいのでしょうね。ここからは、山道をちょっと走れば、入り口の看板が現れます。

トレーラー乗りの方のブログで、入り口の幅が狭いので木の枝がボディーを擦っていくとのコメントがありましたが、ウチのトレーラーは車幅がハイエースワイドと同じ1800mm程度なので、なんとか大丈夫でした。

噂のやぎを左手に見ながら、管理棟横に到着しました。三箇所のサイトから選んでくださいとの事なので、炊事場の横にあるBサイトに停泊しました。平日でしたが、他二組ほどいらっしゃいました。

キャンプ場の印象は、思ったよりコンパクトだなと。管理棟がある場所が山頂のフラットな部分で、南斜面に向かって下がっていくサイトと、北側にフラットなサイトが混在する感じです。

 

眼下には小諸の街並みが望めます。今回は満月期でしたが、電視観望をするのも目的の一つでした。まあ、夜景の見える位置は本来あまり良くはないのですが。夜半には雲の切れ間から、何枚かの写真も撮影できました。

BORG60ED ×0.85 ZWO294MC AZ-GT1

インターからも近く、近くにスーパー、日帰り温泉等もあり、これからも使わせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ケロシンランタン