jupiter

最近夜の天候が良くなってきました。ただ、まだ遠征には行けないので、初めてCMOSカメラでの惑星撮影をして見ました。機材は手持ちの間に合いますが、鏡筒はスカイウォッチャーのBKMAK90Pです。セレストロンからも同様な鏡筒が出ていましたよね。架台はAZ-GTi経緯台モードです。惑星を動画で撮るのも初めてなら、スタック?ウェーブレット処理?も初めての経験です。

撮影はASI224MCでMacbookAirのASIcapで録画。BootCampでRegistax6とAutostakker2で編集して見ました。ASIcapで撮ったAViファイルがRegistaxで読み込めなかったので、Autostakkerでスタックして、Registaxでウェーブレット処理としました。シーイングも良くなかったのですが、口径90mmでこれだけ写せるとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

color classic

次の記事

Power Book Duo280C