パワーブックデュオのレストア

昨日、SCSI DOCkを入手したので、外付けHDに280Cのバックアップを取っていたのですが、目を離した間に強烈な異臭が出てきました。急いでHDとDuoの電源を切りました。

電源アダブタのコンデンサーパンクです。家中に匂いが漂う強烈なものでした。Duo本体にダメージがなくて良かったですが。

レストアをしながら思ったのは、死蔵しているDuoはビネガーシンドロームで液晶がやられ、その酢酸でマグネシウムフレームが腐食してロジックボードに白い粉が撒き散らされ、バッテリーの液漏れで端子がやられ、電源部の表面実装コンデンサーのパンクによる液漏れで、基盤をやられダメージを受ける。で電源アダブターもコンデンサーのパンクでダメになる。

完動品のDuo280C二台は、高知の丸真商店さんでコンデンサー交換やっていただきました。基盤とフレームの高さが低いため、縦型コンデンサーは付けられず、表面実装コンデンサーに交換となりましたが、丸真さんでも大変だったとの事。

起動不能のロジックボードが2枚あるので、それは自分で交換するためパーツだけ譲って頂きました。コンデンサー間の隙間が、細めの半田ごてが入るギリギリの寸法なので、うまくいくでしょうか。

なんとかDuoを救いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Power book Duo Part2

次の記事

河原でキャンプ